HOME>トピックス>弁護士や司法書士が味方になってくれるから利用しよう

大きな返還請求に利用

横浜にも、過払い金返還請求に着手してくれる士業者がいます。まずは過払い金がいくらあるか調査しなければなりませんが、金額によって相談できる士業者は異なります。横浜にも、法律事務所があり、そこには弁護士と司法書士がいますが、債務整理の法律相談のみならず、代理として貸金業者との交渉、訴訟ができるのは弁護士です。ポイントとなるのは、代理人になれる点で難しい交渉を有利にしてくれます。

金額が小さいときに活用

司法書士に関しては、過払い金請求の債権額が140万円以下で、相談から交渉、訴訟が可能です。自分のおかれている状況に応じて、横浜の士業者を利用(活用)しましょう。ちなみに、依頼費を度外視して限度額に制限なく役立つのは弁護士です。

予防線をはってくれる

申し立てから裁判のやり取り、そうしたサポートが必要なのは法律の知識のない消費者です。複雑な対応を自ら行うからには、費用がかからずとも、過払い金請求の解決までに異議申し立てをして出廷、そうした時間も要するでしょう。横浜には過払い金請求に強い弁護士がいますし、債権者から督促状や電話などがかかってこない、そうした予防線もはってくれますから活用しましょう。

完済しても可能

借金を返済中であっても過払い金の返還請求をすることで、今ある借金を減額できるように図ってくれるのが法律事務所です。横浜での返還実績もあり、借金が完済していれば、着手金無料にて過払い金の有無を調査してくれます。過払い金は最後に返済をした日から10年で時効、だからこそいくらあるか無料調査してもらいましょう。あればあるで、得をします。

広告募集中